出会い系サイトから実際に会うのが先か電話が先か。

 

 

出会い系サイトで女性とやりとりをしていく中で、どこかのタイミングでLINE交換や、アドレス交換、電話番号交換などをこちらから提示することになります。

 

 

 

 

向こうの女性から来る場合もありますが、基本的にこちらから行かないと向こうと出会い系サイト外でやり取りするまで持っていくのは難しいので、ここは理解しておいて欲しいですね。

 

 

 

 

出会い系サイト自体がそもそもネット上でのやりとりですから、お互いのことをよくわかりませんし、女性なんて男性より力も弱いですから、「危険な人だったらどうしよう」という命の危険というレベルまで頭で考えて、慎重にこちらの出方を伺っています。

 

 

 

 

少しでも向こうに変なイメージを持たれると、即効で切り捨てられて音沙汰がなくなりますから、贈るメッセージの文章一つ一つに気を配り、向こうに悪い印象を与えない程度で自然なやりとりを行うことが重要です。

 

 

 

 

そんな感じでやりとりをしていくと、次は実際に会うという段階へと移っていくわけですが、ここで悩むのが、会う前に一度電話でやり取りしておいたほうがいいのかどうかということです。

 

 

 

 

これ、結構微妙なラインですが、僕の経験上、電話をしてから会おうとするよりも、一発目で一気に会うところまで持っていったほうがいいと思います。

 

 

 

 

初めに電話するとなると、まず向こうの声しか聞こえない状態で、お互い初の生のやりとりになりますから、どうしても緊張して本来の力を発揮できません。向こうがタイプの子かどうかもわかりませんから、声がやけに可愛い感じだと、期待と同時に不安も緊張も膨らんできます(笑)

 

 

 

 

こういう時の緊張や不安っていい方向へ転ばないことがほとんどです。

 

 

 

 

ただ、僕自身がそうだったという話で、もちろんこれに当てはまらず、初めに電話で楽しくやり取りできる自信があるならそれでもかまいませんが、やっぱりなんだかんだ緊張して、本来の自分とは違う自分が出て、相手の女性のこちらへのイメージとミスマッチを起こし、会いたいという気持ちを逆に削いでしまう危険があります。

 

 

 

 

これは僕自身が経験があるのですが、仲良くなって、カカオトークというアプリのIDを聞いて、やり取りするところまで持っていったんですが、なぜかそのあと電話しようという話を僕から切り出して、実際に電話してみたんです。

この時は、会う前にワンクッションおいたほうがいいという考えのもと行いました。

 

 

 

 

でも、実際には心臓バクバクで、電話に出たはいいものの、中々初めの一番大事なところで会話がしどろもどろになってしまい、本来の力を発揮することができませんでした。

 

 

 

 

逆に、他の女性で実際にいきなり会ってみるという、以前のステップを少しすっとばした形で出会ってみたんですが、そのあとうまくいき、実際に付き合うまで行くことができました。

 

 

 

 

もちろん、これが絶対に成功する方法とは限りませんが、電話よりも実際に会って話す方が得意、楽という方は、出会う前のワンクッションで電話を入れずに、直接会う形に持っていったほうがいいと思います。

 

 

 

 

そうすれば、あなたのイメージをダウンさせたりすることなく、ベストな状態で会うことができますので、次につながりやすいデートを行うことができます。

 

 

 

 

あくまで参考にですが、ワンクッションのつもりで入れたつもりの電話のやり取りが、かえってアダになることがあることを忘れないほうがいいでしょう。

 

 

 

 

ではでは!

 

ページの先頭へ